K.H様 (中部地方) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 聖光の祝福 闇煌の祝福 天使の蜜夢 最上級恋愛成就ブレスレット

2年前、一度婚約破棄をされてしまいました。

当時私は34歳、彼は32歳。理由は一言で言ってしまえば結婚に対する価値観が大きく異なっていたことにありました。

子供がほしかった私にとって34歳はギリギリの年齢で(もっと年齢を重ねての初産もありますが、私の中でのタイムリミットは35歳でした)、結婚式場まで決めていた矢先に、逃げるように彼から婚約破棄を言い渡され、絶望のどん底へ突き落された気分でした。

彼のことは憎む気持ちすらありました。しかし、一度将来を誓いあったわけですからなかなか思いを捨てきれず、藁にもすがる思いで魔道具を注文したのですが、頼んで本当によかったと思います。

購入した魔道具は日替わりで身に着けていました。

丁度二つ付で仕事へ行った帰りに、職場の後輩から飲みに誘われて、その席にいたのが彼でした。

お互い気まずい雰囲気になりながらも、知らない仲ではないので話しているうちに色んな蟠りが消えていき、その流れでちょくちょく会うようになり、いつの間にか元の関係に戻っていきました。

この間にも問題はあったのですが、無事に解決し(当時彼には交際していた年下の彼女がいたのですが、私と会うなら彼女と別れる、彼女を取るなら二度と私と会わないでと話したところ、その場で電話して別れ話をしてくれました。ラインもブロックして「この人ここまでするんだな」と驚きでした。昔は女の子大好きで、絶対そんなことする人ではなかったので)、この間プロポーズされました。

2年前のこともありますので、「本当に私と結婚する気があるなら今すぐ婚姻届提出して」と思わず出てしまいました。

すると、彼は「また君の両親と俺の両親に挨拶しに行くから、今度の休みにいいかな?」といわれました。

向うのご両親からは「うちの息子をお願いします」と頭を下げられ、うちの両親からは大目玉を食らいながらも最終的には許してもらえました。

その足で婚姻届けを提出し、晴れて夫婦としての第一歩を踏み出すことが出来ました。

今は彼が一人暮らしの時に住んでいた2LDKのアパートで慎ましくも幸せに暮らしています。

お二人のおかげです。ありがとうございました!