母が無事に彼氏と破局しました。

2016.11.29|お悩み・目的別 別れさせ 白魔術 恋愛魔道具 真夜中の雪月花 縁切り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
H様 (東北地方) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 真夜中の雪月花

私は母の幸せを願うことすらできない最低な人間です。

しかし、どうしても母の彼氏を許すことが出来ず、一日でも早い破局を願い「真夜中の雪月花」に全ての望みを託しました。

最初は私のインフルエンザでした。

高熱で苦しんでいる私に母が言い放った言葉は「大丈夫」の一言でもなく「●日彼氏とデートだからのうつすのだけはやめてね」でした。

父が亡くなった途端、母は女になってしまいました。

いくら私が成人しているとはいえそれはないなと思いながらなんとか完治させたのですが、案の定今度は母がインフルエンザに感染してしまいました。

それもデートの2日前に。

さすがに2日でインフルエンザを完治させることは出来ません。デートの予定は消えました。

次は彼氏のお母さまがお亡くなりになり、デートの予定は消えました。

それからことあるごとに予定はとん挫。

徐々にすれ違うようになった二人は結局破局してしまったのです。

私も弟も成人しているし、もういいだろうと思われるでしょうが、私にとって母親は神聖なものであり、女でいてはいけないと思うのです。

身勝手でしょうが、これからも母に男が出来るたびに真夜中の雪月花におすがりするでしょうし、それでもだめならば身をなげうってでももっと強力な魔道具をお願いすることでしょう。