A.Y様 (九州地方) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 透竜の煉鱗 キールの加護(光属性) キールの加護(闇属性) 黒魔術オーダーメイド魔道具

9が御無沙汰しております。

以前お世話になりました彼とこの度入籍する運びになり、先日彼の誕生日に入籍いたしました。

魔道具は願いを叶えてからも魔除けのお守りとして使用できるとのことでしたので、最近は女神の接吻の上においていました。

実は入籍に関していろいろと問題がありまして、本来は今年の私の誕生日(9月)に入籍する予定だったのですが、祖母がが入院しまして「私が生きているうちに結婚して式まで済ませてほしい。式には呼んでほしい」という事で、こちらの親戚からせかされる形で丁度彼の誕生日も近かったので籍を入れたのですが、この騒動から入籍日まで3日しかなく、当然新居など用意できず、結婚しても尚実家に居座るという状況になってしまいました。

私たちも早急に新居を探さないといけないと様々な不動産屋さんを周り、内見させてもらったのですが、これと言える物件がなく、あったとしても私達がここにしようと決めた時にはすでに誰かにとられていたり…。周囲が焦らせることが余計私たちをイラつかせ、ついには新婚生活を始める前に離婚か?というところまでいってしまいました。

家を探す気力にもなれず、落ち込んでいるときに、急に思い立って部屋の掃除をしていると、さざれに置きっぱなしの魔道具が目に入りました。

たまには付けようと身に着けて、その日の夜は友人と食事をする約束をしていたのでそのまま着けていきました。

その日の食事会で、新婚なのに新居が見つからないと笑い話として話していると、友人のご主人が不動産屋さんに勤めているらしく、一度物件を見においでと言ってくれたのです。

次の休みの日に彼に都合をつけてもらい友人のご主人が務める不動産屋さんに行くと、丁度条件に合う物件が昨日入居者さんが退去した物件があるとのことで、いってみました。

彼の職場から車で10分くらいのところにあり、日当たりは良好、一つ一つの部屋の間取りも広く、家の裏が用水路ということで金額も大分安くなっていて、湿気さえ目を瞑れば条件通りの物件です。

私たちは即決しました。

その日のうちに契約を結び、双方の親戚に新居が決まった旨を伝えると、皆ホッとしたようでした。私たちも不安が消えて一安心です。

家具をそろえたりするのにも向こうのお母さまがこれでと50万円くださり、大変助かりました。

(因みにうちからは何もありませんでした…。所詮毒親ですから)

実家からも物理的に離れることが出来、本当によかったです。

こうして不思議な縁が結ばれたのも魔道具のおかげかと思います。

これからも大切にしていきたいと思います。

ありがとうございました。