最愛の娘を亡くし、老婆のようになった渦中の女を見て漸く前に進むことが出来ました

2017.11.28|お悩み・目的別 処女の殉血 処女の純血(光属性) 処女の鮮血(闇属性) 復讐・呪い 灰血石 灰血石の引導 略奪愛 白魔術 恋愛魔道具 真夜中の雪月花 透竜の煉鱗

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
匿名希望様 (地域非公開) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 透竜の煉鱗 処女の純血 処女の鮮血 真夜中の雪月花 灰血石の引導

予想以上の地獄絵図でした。

あの女から壮絶な裏切りを受け、女としての尊厳を傷つけられ、そして愛する人を奪われて早10年。

漸く私の復讐は終わりました。

あの女が何よりも大事にしていた愛しい一人娘の死によって。

死因は病死。生まれた時から重い病気を抱え、5歳の誕生日の前に病院のベッドで亡くなったそうです。

諸事情より私もあの女の娘の葬式へ行く羽目になってしまい、包みたくもない香典を包んで持っていくと、老婆のようにやつれたあの女が娘の棺桶にへばりついていました。

欲しくて欲しくて仕方のなかった娘を失った悲しみと今までの看病疲れで昔の面影を見事に亡くした女は正気を失った目で私を見てきます。

私は一言「ご愁傷様です」とだけいい、お焼香を上げて帰りました。

ここで疑問が一つ。あの女の旦那であり私が愛していた彼の姿を式場で一度も見ていません。

買い出しにでも出たのだろうと気にも留めていなかったのですが、あとから聞いた話式場にはおろか娘が生まれてから直ぐに他に女を作って家を出たといいます。

きっと娘の重い病気を受け入れることが出来なかったのでしょう。

その話を聞いたときさすがにあの女に同情しました。そしてこんな最低な男を引き取ってくれてありがとうと。これで漸く彼への未練やあの女への恨みをきれいさっぱり忘れ、自分の進みたい道へ進むことが出来ます。

ありがとうございました。