匿名希望様 (関東地方) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 白魔術オーダーメイド魔道具 黒魔術オーダーメイド魔道具

新作魔道具発売おめでとうございます。

早速私も注文させていただきました。到着するのが楽しみです。

 

私に生まれ変わる勇気と力を与えてくださったお二人にお礼と、私のように悩み苦しんでいる人の背中を少しでも押せたらと思い、体験談を書かせていただきます。

私は糸のように細い目と分厚い瞼、角ばった輪郭に団子のような鼻、ぼてっとした分厚いだけの形の悪い唇をもって生まれてしまったぶすでした。

しかも子供のころから太りやすく、あだ名は「ぶす豚」「でぶたまん」「松〇(当時はやっていた太ったものまね芸人さん)」とどれも口に出されるだけで死にたくなるほど嫌なものでした。

中学生のころからダイエットを始め肥満は脱出できたものの、ホームベース型の輪郭が余計に目立つようになり、太っていた時よりぶすに磨きがかかってしまいました。

おまけにダイエットを始めた同時期からニキビが増え始め、顔はクレーターだらけ、最悪でした。

子供のころから容姿のことでいじめにあい、馬鹿にされる日々。

大人になったら整形をすることを夢見ながらも、失敗したらどうしよう、お金はどうしよう、もし整形なんてしたら親が悲しむかもしれないどうしようどうしようと勇気を出せないまま30年自分の容姿に苦しめられました。

そんな私に好きな人が出来ました。

しかし、こんな世の中のブスをすべてぶち込んだような私を、誰が好きになんてなるでしょう。ネガティブな感情で胸が壊れそうでした。

そんな私にお二人の存在を教えてくれた友人。彼女もまた自分の容姿に悩んでいて、それでも禁断の愛を成就させました。そんな彼女が進めてくれたお二人のちからにより、また私も救われました。

整形に対しどこか後ろめたい気持ちがあった私に「整形は悪いことではない。生まれ変わることに悪いことなんてない」と背中を押してくれたお二人。

私のために創ってくださった魔道具は様々な奇跡を起こしてくださいました。

一度私は両親に「この顔が嫌だから生まれ変わるために整形がしたい。お金は自分で出すから整形することだけ認めてください」と頭を下げたことがあります。

すると両親は大激怒。生まれて初めてこれでもかと父親に殴られました。

それ以来、ろくに口も利かなくなった両親に私は改めて「整形したい」と話しました。

すると、あれだけ反対していた両親が「そうか」とだけ話し、私に一冊の通帳を渡してきました。

通帳の中の数字を見てびっくりしました。八桁の数字が並んでいたのです。

本当は結婚するときに渡すつもりだったけど、多分必要なのは今だから。そういって私を抱きしめて「あの時は殴ったりしてごめん」と泣きながら謝ってきました。

この心変わりの真相を聞くと、仲良くないと思っていた妹が「生まれ変わりたいっていうお姉ちゃんの意思を全部無視して暴力で解決するって最低だね」と両親に言ってくれたそうです。

それから時間をかけて改心したそうですが、いかんせん私がほぼ絶縁している状態でしたので話せずにいたそうです。

こうして整形に対してのわだかまりが完全になくなったところで長い整形生活が始まりました。

顔でいじっていないところなんてほとんどないと思います。

苦しかったし痛かったし、それでも生まれ変われるならと耐えました。

そして数年かけて私は生まれ変わりました。自分にも自信が持て、人生を謳歌しています。

胸を張って言えます。今の自分がこの世で一番大好きです。と。

例の好きな人ですが、既婚者でした。整形前は彼に愛されるなら二番目でも三番目でも構わないと思っていましたが、今となってはなんて馬鹿なことを考えていたんだろうとこっちから願い下げました。

ちなみにそのあとすぐに彼氏が出来ました。

彼は整形に対して「お金かかる化粧だと思ってる」と受け入れてくれて、私が苦しんでいるときはただ黙ってそばにいてくれました。

その彼と来年頭に入籍します。

今私はとても幸せです。

その幸せの一歩を踏み出す勇気をくださったシフ様、マリエッタ様には感謝でいっぱいです。