長年の苦しみから開放され、充実した日々を過ごしています。

2015.11.2|人間関係 出世・成功 出会い 幻蒼黒海 白魔術 恋愛魔道具 真夜中の雪月花 縁切り 黒魔術 恋愛魔道具

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check
匿名希望様 (東京都) よりお寄せいただいた体験談
使用魔道具: 真夜中の雪月花 幻蒼黒海

私は小学生の頃からひどいいじめにあい、それは社会人になってからも続いていました。

人は変わり、手段は変われど、心身ともに傷めつけられていることに変わりはなく、いつの間にか誰も信用出来ない、暗く、惨めな人生を送っていました。

そんな私にも親友と呼べる子が一人いました。その彼女が結婚したのですが、私はそれを人づてに聞いて初めて知りました。

私が知った時にはすでに子供もいて、現在二人目を妊娠しているというのです。

ショックでした。

私には彼女しか友だちがいなくて、彼女の晴れの席にはよんでもらえるものだと思っていたので、裏切られたような気持ちでいたのです。

それでも一言おめでとうと言いたくて、連絡をしたのですが、彼女から「昔から貴女が大嫌いだったから、貴女に祝われたくないし、今更連絡もいらないので、頼むからどこかで野垂れ死んでください」と言われ、その後一切連絡がつかなくなってしまいました。

この世で唯一家族以外で信頼していた彼女からの突然の絶縁に私はいっそ命すら断とうと思いました。

どうせ私一人死んでも誰も悲しまないし、葬儀費用くらいならどうにかなるだけの貯金はあったので。

実はシフ様とマリエッタ様について知ったのも、元は楽に死ねる方法を探していた時にたまたま見つけたのがきっかけだったんです。

お二人のお言葉には不思議な力があるのではないかと思いました。

お二人の言葉は、私の荒みきった乾いた心にすーっと染み渡る命の水のようで、お導きを頂くたびに涙が止まりませんでした。

そして今の私に合いそうな「幻蒼黒海」と「真夜中の雪月花」をお迎えし、一年と半年が経過した時に私の人生にある転機が訪れました。

その頃から少しずつではありますが、自分の心の持ちように変化があり、あまり卑屈なことを言ったり考えなくなりました。

そして周りの人からも「最近なんか嬉しそうだけど、なにか良いことがあったの?」とか「雰囲気変わったよね、明るくなった」と言われるようになり、これも2つのアイテムの効果なのかなと思いました。

しかし、相変わらず職場でのいじめは続き、そろそろ本当に心が折れそうでした。実際胃潰瘍で入院することになりましたし。

ただ、この胃潰瘍になったおかげで、自分の人生のあり方や今後どういうふうに生きていきたいかをゆっくりと考える事ができ、ついに退職を決意しました。

お見舞いに来た上司にその旨を伝え、退院と同時に退職届を出すという形で話は進み、なんの滞りもなく穏便に退職することが出来ました。

今は、嘗てお世話になったフリースクールで事務員として働いています。

事務員と言っても、他の職員さんたちと同じように、子どもたちとお話ししたり、たまに勉強を押してたりして、子どもたちと関わることはたくさんあります。

私のように心に苦しみを抱えて生きている子どもたちのお役に少しでも関われるこの仕事が今では楽しくて仕方がありません。

そして、私生活にも大きな変化が訪れまして、人生初の彼氏が出来ました!

とても誠実な方で、優しくて、素敵な方です!

あと、マリエッタ様のブログに掲載してあった「許し」のお話について私も不思議な事があったのでお話させていただきます。

先日、元親友からいきなり連絡があり、私は会うことにしました。

ひどいことを言われて一方的に縁を切られたとしても、やはり私としては彼女とキチンと話しをしたかったのです。

数年ぶりにあった彼女は驚くほど下品な格好をし(年甲斐もなくミニスカートで、ボロボロのかばんに靴、そしてボサボサの金髪でした)、体中あざだらけでした。

どうやら再婚したらしいのですが、再婚相手でDVをする男みたいで、生活能力のない彼女はただ暴力に耐えるしか無いといいます。

子どもたちに関しては前の旦那さんが親権をもち、そちらで暮らしているそうです。

彼女の口からは生活苦と金を無心する言葉ばかりで、私への謝罪は一切ありませんでした。

もう、彼女がいっそ哀れに思えてなりませんでした。

これ以上こんな彼女を見たくなかったので、私は話を途中で切り、ごはん代をおいて店を後にしました。

不思議な事があるものですね。

とにかく、今私はすごく幸せです。

確かに過去にはいろいろな事がありました。

沢山苦しみました。その分幸せな人を妬みました。

それではいけないと気づかせてくださったのはシフ様とマリエッタ様です。

そして魔道具のお力をお借りしながら、ゆっくりではありますが私なりの幸せの道を歩んでいます。

暗い人生に光を与えてくださったお二人にありがとうございます。

この御恩は生涯忘れることはないでしょう。